自己流ティラノスクリプト記 6

 

久しぶりの6回目ですね。今回も『虹の果ての青』からのネタになりますが、ちょっとした覚えておきたいことをまとめてメモしとこう回です。なのでほぼ自分用です。

■背景画像切り替わるときに見える背景色
まず序盤で悩んだことなのですが、背景画像をチェンジさせるときってデフォルトのままだと切り替わりのタイミングで一瞬暗くなりますよね。『虹の果て』は余白部分は全部白でしたし、全体的にパステルカラー調だったので、一瞬黒が見えるととすっごい目立って「これはいかん!」となりました。で、きっと背景色みたいなものが黒になってるからそうなるんだと思い、それを白に変えようとしたのですが、どこ直すかわからなくてしばらく彷徨いました。で、結論からいうと「tyrano.base.js」の

this.tyrano.get(“.tyrano_base”).css(“width”,width).css(“height”,height)
.css(“background-color”,”black”);

てとこの一番後ろでした。blackてのが画像切り替わるときに見える背景色らしいです。なのでここをwhiteに変えたら暗転しなくなりました。作品のカラーリングによっては、ここを白や黒以外にするっていう演出も面白そう。

■sleepgameを使って悩んだこと
niji_5
『虹の果て』作ってるときに実装された新星[sleepgame]は、早速すごろくゲーム下に置いてたボタンに使ってたんですが、ほんっと色々応用効きそうでこいつはスゴイですね。ただ初めて使ったので、思いどおりに動かすまで悩むこともありました。具体的には、こんなことです。

【1】「おやつタイム」で元気回復させてもすごろく画面に戻るとパラメータ画像も戻る
「おやつタイム」を選択してその中でおやつを食べると、元気の変数f.genkiを上げてからcallで判定処理呼び出して元気の画像変更させる処理(※ティラノスクリプト記5参照)が入ります。が、その後すごろく画面に戻ると当然[sleepgame]で止めたときの状態に戻るんで、元気のハート画像が回復前に戻ってしまうんですね。一応sleepgame内で変更した変数はそのまま引き継ぎなのでホントは回復できてるんですけど、ビジュアル的には完全アウトです。
で、困ってタグリファレンス見たら、[awakegame]で戻すときってmake.ksを通ると書いてまして。なのでmake.ksに判定処理の記述を入れてみたら、すごろく画面に戻っても元気が正しく表示されるようになりました。

【2】[sleepgame]で止めて戻ってきた後はすごろくゲームがバグる
これ、めっちゃ悩みました。フツーにすごろくゲームするだけだと問題なく進めるんですけど、「遊び方」などを挟んだ後だとコマの挙動がめちゃくちゃになるんです。わけがわからなさすぎてティラノライダーでしばらく変数の動き見ていたら、ついに原因発見しました。

_人人人 人人人人人人人人人人人人人人人人 人人人_
> sleepgameで止めたら一時変数全部消えてるぅ! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^YY^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

これなんですよ……わたくし当初、すごろくゲーム内のみで使う変数は一時変数にしてたんです。あ、ちなみに一時変数とは「tf.◯◯◯」って書き方で、『一時的に使用するデータを保存します。ゲームを再開しても復元されません』っていう定義なのですね(公式サイトより)。
で、すごろくゲーム中はセーブできない仕様だったため、ロードで復元させる必要なかったんで「一時変数ってこういうときに使うんやろ?せやろ!?」と、ちょうど使い道わかったばかりだった一時変数を嬉々として使ってたんです。
が、sleepgame挟むと、どうも一時変数消えるみたいで……。だからすごろく画面に戻ったときに、動かすのに必要な一時変数ないんで挙動狂うのは当然の話です。まぁそういう理由だったんで、一時変数で置いてた分を全部ゲーム変数に変えるだけで正常に動くようになりました。でもこれホント自力で気づけて良かった……ティラノライダー様々ですけど。

さて、今回のネタはこれくらいかな。最近次回作の制作がノリノリなので制作記の更新頻度は今後も低速だと思いますが、虹の果て関連ネタはまだあるので、息抜きしたくなったら更新します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket